合格者数とは

当然のことながら、もともと優秀な生徒であれば地道な努力さえ間違えてしてさえいなければ、順当に合格できるというところが言えるかもしれません。このような生徒はともかく、合格圏内にはなかなか自分一人の力では手が届くことがない生徒がいかにして合格へ近づくのかということを実現するのが、ある意味で塾の重要な役割であるという風に言えるのではないかと考えられなくもありません。当然のことながら、塾が言う合格者数とは、もともと合格する能力お供えていた人が順当に合格した場合の計算であるということもパターンとしては考えられなくもないのではないかと言えなくもありません。しかし、その一方で塾の中には生徒の潜在的な能力を伸ばすことで合格にこぎつけたという風に考えている人もいるし、先生もいるだろうという風にも考えられなくもありません。残念ながら、このような例は非常にレアケースである特定の宿が合格圏内にいない生徒ばかりを指導して、合格にこぎつけているということはあまりないことである、という風に言えるのではないかと考えられます。いずれにしても、合格者数には様々なマジックが存在しているということを考えれば、安易に合格者数を選ぶだけで塾を選択するということは、大きな間違いであるという風に言ってしまっていいのではないかという風に言えるわけです。塾というものは、非常に大きな組織であり目標を難関校や志望校への合格という風に定めて動いていくため、共通の目的を持っているということは間違いなく言えるわけですが、中学受験などの場合には塾に入るために試験を受ける必要があるというケースも一般的にあるようで、このような場合では、そもそも塾に入る際にきちんとした実力をつけておく必要がある、ということもしばしば言われているというふうに考えられているわけです。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています