受験直前

受験直前になっても成績が伸び悩んでいる場合は、最終手段として個人塾や家庭教師に依頼することがあります。その時期になると、さすがに第一志望を目指せるような状況にはありません。成績に相応する学校をターゲットとする他なくなります。志望のランクを下げたとしても、直前ですから、合格するためには対策が必要になります。その対策に耐えられるかどうかは、シビアに判断してもらわなければなりません。しかし、いい加減な家庭教師等は、見込みが薄くても、大丈夫と言って憚らなかったりします。そのような甘言に騙されてしまってはいけません。直前であるのに具体的な道筋を示してくれない個人塾や家庭教師は信用できませんから、候補から外すようにして下さい。  直前期でなければ、個人塾の利用方法はさらに広がります。個性に合わせた指導は個人塾に任せて、それ以外の基本的な学力は大手に付けてもらうことが出来るからです。両者の良い所を利用できるため、子どもの勉強法の幅が広がり、そこで得たノウハウは、受験後にも活かすことが出来ます。つまり生涯に渡って、勉強を得意とすることが出来るようになるのです。  さて、受験において塾選び以外に重要なことは沢山あります。中でも保護者と子どもとの関係は、決定的な影響を与えます。受験生活が続くと、保護者のストレスも貯まり続けます。すると、子どもに対して寛容になれなかったりするものです。些細な事で叱り飛ばしてしまったりすると、子どもは大きな不安を抱えたまま勉強を強いられることになります。塾も保護者にプレッシャーをかけることがあるため、そのプレッシャーを子どもに移転させてしまうのです。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています