塾と非常勤講師

保護者としては、講師の質が気になるところですが、正確に把握するための手段はないのが現実です。というのも、講師の経歴は、アルバイトであっても勤務経験と見做されますし、その講師の授業を1度見学しただけでは、真の実力を見抜くことなどできないからです。ただ、最低限確認すべきことはあるので、頭に入れておいてください。一つは、合格実績の推移です。そこから講師の質を推測するしかありません。二つには、アルバイト講師の有無です。大手のアルバイト講師も期待できるものではありませんが、教育が施されていることは確かです。それに対して、個人塾のアルバイト講師は得体が知れません。優秀な講師である可能性もありますが、リスクの大きな橋を渡る必要はありません。  アルバイト講師に対する懸念と似ていますが、いわゆる非常勤講師も信用するに値しません。たとえベテランでも、複数の塾で勤務している以上、一人一人の生徒を十分にケアすることが出来ないからです。それでは保護者としては、個人塾を選択する意味がありません。また、有名講師が独立して開校した塾も、気を付けなければなりません。その講師本人が指導してくれる場合でも、カリキュラム、教材、保護者とのコミュニケーションといった、組織力を要するサービスが提供できるとは限らないからです。有名講師は、教科の指導力はあっても、それ以外の能力に欠けていることが珍しくありません。  こうした点を確認するために有用なのは、HPです。特に個人塾の質を判断する時は、HPの更新頻度や、塾の内情をきちんと伝えているかを確認しましょう。そうしたところに組織力は表れるものです。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています