大手塾のデメリット

大手塾は首都圏、関西以外の地方でも、同様のカリキュラムで受験対策が出来るメリットがあります。北海道から新潟などの北陸、九州地方まで大手塾は全国に生徒をかかえています。大手塾の場合、全体の合格者数が高くても、校舎によって当たり外れがあります。具体的には校長先生が力があり、実力のある講師陣が揃っている場合です。講師が力がなかったり、臨時アルバイトだったりする場合には、プロと呼ぶに値する指導力が期待できないケースもあります。また、大手塾のデメリットは下の方のクラスに子どもが入っている時に、力を入れてみてもらえてないというケースです。

学習塾は合格実績が命の業態でもあるので、もともと優秀な生徒を入塾させて囲い込むというモデルが存在するのです。優秀な生徒のために塾が運営されていると言っても過言ではないでしょう。大手塾の下位クラスにて、学習力が高まらない場合にも、講師たちは一生懸命親身になって指導してくれますが、一般論として下位のクラスの子どもが上位へ逆転することはなかなか起こりにくい現象でもあることは把握しておきましょう。子どもが大手塾の下位クラスで伸び悩み、本人の実力が発揮されない状況に陥ってしまっては、問題です。本人の顔の表情などのSOSを見逃さずに親が対応することがその場合、必要となります。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています